[投票結果に戻る]

[笑いがみんなの心を蘇らせていった ギャグとはなんとすばらしいものであろうか]についてのコメント
5件の投票があります。

お名前コメント
mykstダヤの言葉にこういうものがあります
「どんな辛苦でも笑いで吹き飛ばせぬほど重くはない」(2019/3/5(火)10:18 14-132-61-80.aichieast1.commufa.jp)
篠原裕実世間一般に通用する認識だと思う。(2019/3/5(火)9:41 14-132-61-80.aichieast1.commufa.jp)
フクチャーギャグはすばらしい!(2019/3/5(火)9:08 14-132-61-80.aichieast1.commufa.jp)
カンニング侍僕もそのとおりだと思います。
これが僕の座右の銘です(2019/3/5(火)8:19 14-132-61-80.aichieast1.commufa.jp)
オレンジ10巻104ページ。大黒屋光太夫たちのエピソード中にて。このあと小さく「みなもと太郎の言葉より」と続く。
もし『風雲児たち』が、ただ単に歴史を重くシリアスに描いただけの作品だったとしたら、私たち読者はこんなにも強く惹き付けられることはなかったのでは?
そう考えると、この言葉・このシーンにこそ、ある意味この作品そのものが象徴されているよーな気が。(2019/3/4(月)23:00 14-132-61-80.aichieast1.commufa.jp)


ゆいぼーと(Free)
Fvote Falcon World


[管理用]