[投票結果に戻る]

[高野長英]についてのコメント
16件の投票があります。

お名前コメント
ワイナリー若いころは傲慢でワガママだった長英が、脱獄後は人間的に成長して、最後は「名も無き庶民が一番偉い」という事に気づいた所が、何とも言えずいいな〜と思います。

それだけに、何とか幕末まで生き延びて活躍して欲しかったという思いも捨て切れませんが・・・それでも彼の示した精神は、私の中では不滅です!(2007/12/26(水)20:34 r-123-48-187-83.commufa.jp)
やまだ驚異の天才っぷりとわがままっぷりで周りを振り回した人だけど
その才能に一番振り回されたのは長英本人な気がします。
嫌なやつだけどおそろしく魅力的!
天才には勝てねぇー(2007/7/10(火)12:32 210.249.76.48)
相馬 信人風雲児たちを読むまで、「聞いたことがある」に過ぎないお人でした。
元々、竜馬主役で幕末に興味を示していたに過ぎませんが、今や彦九郎・良沢・徳内と並び、「私的風雲児四天王」の筆頭になっています。
才能があるのも魅力ですが、その才能をストレートに国の為に活かそうとしていたところなど、タダの秀才でない面に男惚れに惚れました。
その姿勢があればこそ、臥薪嘗胆の逃亡生活を繰り返していた訳ですから。その死に際、殴られつつも「逃げ失せんとなし」たのも、彼ならば当然と言えます。元より、報告書に見られる彼の行動は、高野長英とは似ても似つきません(Wikipwdiaで撲殺の方が「異説」とされていることに、納得いかないくらいです)。
『風雲児たち』最終巻が、高野長英の死と竜馬の曙とが続いていることに、無慈悲な時の移ろいの寂寥を感じると共に、「血」が脈々と受け継がれているようにも似て。奇妙な安堵感も抱きました。(2007/7/2(月)22:46 tcn005099.tcn-catv.ne.jp)
十段我が郷土、岩手県が輩出した偉人であります。
惜しむらくは天命を全うさせてやりたかった事です。 (12/1(水)14:51 p2.iwate-ed.jp)
きりたんぽ本物の顔はあまり好きではないですけど(爆)風雲児の長英は好きです。
初登場の時と顔が全然違うのもまた一興(´ー`) (12/1(水)12:44 y097153.ppp.dion.ne.jp)
なつこんな人が周りにいればちょっといやかも(笑)でもなんだか憎めないですね!この人こそ天才!って感じです。 (10/19(火)15:53 FLA1Acl107.tky.mesh.ad.jp)
誤学堂主人この人に才能を十分に発揮させることのできる機会が与えられていたらと思うと、残念でならない。祈冥福。 (6/7(月)12:49 wcache2.waseda.ac.jp)
早川 啓介学者として天才性や少々やんちゃなところと、その凄まじい執念。 (7/8(火)0:29 ZC162186.ppp.dion.ne.jp)
マァシャ愛せる男です (2/18(火)21:06 203.141.134.237)
あじさい我が岩手県が産んだ、最強蘭学者。
彼の死は今でも悔やまれます。 (12/15(日)17:59 210.239.16.23)
やまし天才自分以外みんなバカ (10/1(火)19:50 61.211.199.226)
sfこの人は「風雲児たち」の登場人物の中で一番の才能の持ち主だと思います。でも不遇の人生でした・・・
強烈に印象に残った人物です。 (8/11(日)18:27 211.121.104.72)
yutakakonn自分が医者なので日本初の生理学者であった彼の人生はとても興味がある。性格的にはどうしようもないが実力抜群という天才の運命はもっと上手に生きていけなかったのかと悲しいと同時にある意味、うらやましい。 (7/20(土)23:01 218.47.204.154)
さのピー若い頃と晩年のギャップがたまらなくよいダマス。好きな台詞は『俺以外はみんなバカ」 (6/28(金)22:43 211.8.203.194)
吉閥高野長英という人の生き様に、何故か惹かれました。

「それでも私は学問をしたいんだ」
この台詞に引きつけられました。

私は、生涯でこういう台詞を発することができるのだろうか? (5/28(火)17:57 61.206.235.8)
mexico彦蔵エヘンプーイなやつだけれど、生きていた欲しかったですね。
でも、その志は勝麟太郎、坂本龍馬と連綿と続いていったので、彼も満足だったに違いありません。 (5/9(木)0:43 218.132.0.167)


ゆいぼーと(Free)
Fvote Falcon World


[管理用]