岡部敬史・ブログ進化論


著者の岡部さんは元『宝島』の編集氏で、熱心な風雲児ファン。
毎年、年末に「このブログがすごい!(宝島社)」という本を出しておられ、
私とは「別冊宝島・劇画ぶらいもん」に『日本任侠史』を描かせてもらって
以来のお付き合い。本誌は彼の処女著作。

氏は「ブログをはじめインターネットコミュニティの、未来社会の
あるべき理想的姿」を考えたとき、「野山獄で吉田松陰の唱導
した『互いに自分の得意分野で平等に教師となって教えあい、
相互の尊敬と自信が生まれる』関係にこそ学ぶべき」との
結論に思い至られたとのこと。
「歴史は年寄りの趣味ではなく、いま生きている我々の指針で
あるべき」と、以前 私が言った(らしい)のをズッと心に留めて
おられたそうです。

その野山獄エピソードも本文中にそのまま出てきます。

講談社+α(プラスアルファ)新書  \800+税

ブログ進化論

byみなもと太郎


TOPに戻る