ニタイとキナナ


「縄文マンガの解説なんて難しくって書けません」と言ったら
「いえ、著者からぜひにと、みなもとサンをご指名なのでお願いします」
と、手塚能里子社長に言われてしまい、一時は悩んだデスよ。
でも取りかかったら、書きたいことがスラスラ出てきましたね。
やっぱ、こんな作品はメッタにあるもんじゃない、つー事です。

カバーの「抜粋」解説文では…どうも誤解される恐れがあるので
なにとぞ皆さま御購入のうえ、全文を読んでくださいマセマセ。

 http://www.seirinkogeisha.com/

byみなもと太郎


TOPに戻る