別冊歴史読本 「坂本竜馬伝」


別冊歴史読本 「坂本竜馬伝」 新人物往来社

「文章書いてくれませんか、それともインタビュー記事のほうがイイですか」
「もちろん勿論、インタビューがイイです。文章は脳みそ使うからイヤ」
というわけで、何と5ページものフルカラーインタビューという、
思いのほか豪勢な企画になりました(質疑応答ではなく、モノローグ形式ですけど)。
インタビュアーの編集者さんが「風雲児」連載開始後に生を受けた
メチャ青年のわりに、スジガネ入りの風雲児オタクで、読者は当然
「みなもと太郎も『風雲児たち』も熟知している」モノ、という大前提
の文章になっておりますね、アアコワ。

でもサスガ、肝ドコロは良くつかんでおられ、私がボソボソ何時間も
しゃべった中から、見事にエキスを引き出して下さって、
私の言いたかった事がチャンとまとまっておりました、感謝。

…そうですか、来年の大河は岩崎弥太郎を狂言回しにした
「竜馬伝」になるんですか(いまごろ何を…)。

byみなもと太郎


TOPに戻る