高橋明彦・著「楳図かずお論: マンガ表現と想像力の恐怖 」


高橋明彦・著「楳図かずお論: マンガ表現と想像力の恐怖 」

http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-9228-5

A5版より大きいハードカバー、500ページに及ぶ「大著」です。
著者の高橋明彦さんは金沢美術工芸大学教授。日本近世文学や楳図かずおの研究家。
「風雲児たち」も高く評価して下さってます。
この「楳図かずお論」の中では、私が前に小学館の単行本に書いた「楳図論」を紹介、引用され、
新たな考察を展開されてもいます。

byみなもと太郎


TOPに戻る